愛知県弁護士会トップページ> 愛知県弁護士会とは > 民事介入暴力対策委員会 > 民事介入暴力対策委員会

民事介入暴力対策委員会

活動案内

民事介入暴力被害の予防・救済のために、新たな手口・被害実態などの調査活動や効果的な救済方法などの研究活動をしています。

当会が行う民事介入暴力被害に関する法律相談について、相談担当者に対する研修を企画・実施しています。

また、暴力団排除運動への協力、講演などの活動も行っています。

なお、ここでいう民事介入暴力とは、暴力団員から金銭を払うよう脅されている場合が典型例ですが、それに限られません。

何らかのトラブルについて、暴行、脅迫などの違法・不当な手段で、自らの要求を実現しようとする行為を広く指します。

トラブルの相手方本人が脅してくる場合もあれば、当事者ではない人が関係者と称して脅してくる場合もあります。

暴行、脅迫、強要などの明らかな犯罪行為を手段とする場合が典型例ですが、それに限らず、社会的に不当な行為などを手段とする場合もあります。

事件類型も、債権回収、男女関係の処理、交通事故の示談、土地建物の明渡し交渉に限らず、全ての事件で民事介入暴力が行われる可能性があります。

民事介入暴力対策委員会からのお知らせ

民事介入暴力対策委員会からのお知らせや最新情報をお届けします。