女性に対する暴力専門法律相談(電話相談)

 

 ドメスティック・バイオレンス(DV)やセクシュアル・ハラスメント、性暴力といった女性に対する暴力は、重大な人権侵害であるにもかかわらず、最近まで大きな問題とされることなく放置されてきました。
 しかし、最近では、DV防止法の制定などにより、女性に対する暴力が社会問題であるとの認識が広まってきています。
 このような意識の高まりを受けて、民間の女性団体だけでなく、行政機関においても、女性に対する暴力に関する相談窓口を開設するようになりました。昨年4月に開設された愛知県女性総合センター(ウィルあいち)のDV相談には、2時間の相談時間内に4〜5件の相談電話がかかってくることもあり、専門の法律相談窓口に対する市民のニーズの高さが伺えます。
 そこで、このような市民のニーズに応えるために、愛知県弁護士会においても、平成15年6月5日(木)より、「女性に対する暴力被害」についての電話による法律相談をスタートさせました。電話相談の結果により、面接相談にも応じます。
 電話相談につきましては、相談料は掛かりません。お気軽にご利用下さい。

■ 相 談 日 

  毎週木曜日(祝日・年末年始等は除きます)
  午後2時〜午後4時
  
(面接相談の日時については電話相談の中でお打合せ下さい)

■ 相談方法 

 

 専用の相談電話がありますので、こちらにお掛け下さい。
    電話番号 052−252−0047
 電話相談の結果、実際に弁護士に会って相談することが必要な場合には、ご希望により、弁護士が実際にお会いしてのご相談(有料)に応じます。
 その場合には、担当弁護士の事務所が相談場所となります。

■ 法律相談料 

 

 電話相談については無料。
 
面接相談については、5,250円(消費税込み)の相談料が必要となります。