愛知県弁護士会トップページ > 愛知県弁護士会とは > 貧困問題・多重債務対策本部

貧困問題・多重債務対策本部

活動案内

貧困問題への対応及び多重債務問題に関する相談態勢についての行政機関等との連携等に取り組んでいます。
貧困問題に関連して取り組んでいる課題としては、社会保障制度のあるべき方向等についての研究・提言、生活保護制度の基準引き下げの動きに対する対応、公契約条例制定へ向けての研究、奨学金の問題、ブラックバイトの問題等があります。また、自殺対策問題にも取り組んでいます。これらに関連して各種ホットラインや、野宿者法律相談を実施し、また、生活困窮者相談員や会員を対象とした研修会の企画・実施、シンポジウムの企画・実施等をしています。
多重債務問題に関しては、愛知県内の自治体や国保連、財務局や労働局等、さまざまな行政機関と連携して、相談窓口を拡充する取り組みを行っています。 

貧困問題・多重債務対策本部からのお知らせ

貧困問題・多重債務対策本部からのお知らせや最新情報をお届けします。