愛知県弁護士会トップページ> 愛知県弁護士会とは > 人権救済基金運営特別委員会 > 人権救済基金運営特別委員会

人権救済基金運営特別委員会

活動案内

愛知県弁護士会には、人権救済に関する訴訟事件等に対して、弁護士費用等の資金援助を行う「人権救済基金」が存在します。鑑定の費用や通訳の費用について援助がされることもあります。
この基金に対する援助申請の審査を行うのが人権救済基金運営特別委員会です。

人権救済基金について

当会の弁護士がかかわる人権侵犯の救済その他弁護士による人権擁護活動の充実に必要な資金援助に充てるために設けられた基金です。当会予防接種禍事件の寄付に始まり、各種弁護団、当会の弁護士、一般の寄付などで賄われています。
平成7年に設けられて既に109件の援助実績があります(平成24年2月現在)。
寄付も受け付けています。

人権救済基金運営特別委員会からのお知らせ

人権救済基金運営特別委員会からのお知らせや最新情報をお届けします。