愛知県弁護士会のホームページへようこそ

平成28年度愛知県弁護士会会長に就任しました石原真二です。この1年間、5名の副会長と力を合わせ弁護士会の運営にあたってまいりますのでよろしくお願いします。

愛知県弁護士会は、愛知県内に事務所を有する弁護士約1860名で構成されています。名古屋市を中心とする本会のほか、西三河東三河一宮半田の4箇所にそれぞれ支部を置き、愛知県内にあまねくリーガル・サービスを提供することができるように活動しております。
私たち弁護士の使命は、市民の基本的人権を擁護し、社会正義を実現することです。
弁護士は、市民の皆様から個別に法律相談を受けたり、あるいは事件の代理人となって相手方と交渉し、時には裁判手続きをとるなどして、事件や紛争を解決したりすることによって、市民の権利を守り被害の回復を図りながら、社会正義の実現を目指しています。

弁護士会は、各種の委員会活動等を通じて、死刑制度、生活保護、両性の平等など多方面にわたって法律制度の改善に向けて取り組んでいるほか、人権侵害のおそれがあるケースについて調査のうえ勧告を行うなど実践的な人権擁護活動を行っています。活動の紹介ページをぜひ一度ご覧下さい。

しかしながら、まだまだ市民の皆様は、弁護士について、堅苦しい、近寄りがたい、怖い等のイメージを持たれているのではないでしょうか。そのようなイメージの弁護士もいないわけではありませんが、でも、話してみると意外と気さくだったりします。また、弁護士会では、市民の皆様に向けて様々な行事を行っていますので、ぜひとも各種行事に参加し、できれば会場で見かけた弁護士に声をかけてみて下さい。弁護士のイメージが変わると思います。
困ったこと、悩んだことがあれば、どうぞお気軽に弁護士にご相談下さい。きっと、相談して良かった、と思っていただけるはずです。

技術は日々進歩し、人々のライフスタイルや価値観も変化し、多様化してきています。社会の変化に伴い、新たな人権問題や社会問題も起こっています。
私たち弁護士・弁護士会は、社会の変化に的確に対応し、自由・公正・平等・平和等の憲法の理念を基に、市民の皆様の権利を守るためにこれからも精一杯活動してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

平成28年4月1日

愛知県弁護士会会長 石原 真二