集団的自衛権行使のための法整備に反対する愛知大集会・パレード

2015年6月14日(日)は10時00分に白川公園にGO!

 政府は、2014年7月1日、これまでの政府の憲法解釈を変更し、集団的自衛権(*)の行使を容認する閣議決定を行い、開会中の通常国会でそのための法整備を強行しようとしています。しかし、戦争を放棄し、戦力と交戦権を持たないことを宣言した日本国憲法9条の下では集団的自衛権の行使は認められないことは明らかです。また、憲法改正手続を採ることなく、内閣や国会が憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を認めることは、民主国家の根本原理である立憲主義を否定するものです。とても許されることではありません。
 平和と自由を愛する市民のみなさん。私たちの次の世代に、その次の世代に日本国憲法9条をきちんと手渡すために、是非、一緒に声をあげましょう。

(*)政府は、集団的自衛権を「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず実力をもって阻止する権利」と定義しています。
※どなたでもご自由にご参加できます。
日 時2015年6月14日(日)
10時00分〜 大集会
11時00分〜 パレード
場 所白川公園
地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅 4番又は5番出口
主 催愛知県弁護士会
お問合せ先(愛知県弁護士会 人権・法制係)
TEL 052−203−4410