法の日週間記念行事

法の日

「法の日」は、1928年10月1日に陪審法が施行されたことによって、翌1929年から10月1日を「司法記念日」と定めたことに由来します。また、1947年10月1日は、最高裁判所発足後、最高裁判所で初めて法廷が開かれた日です。

1959年10月3日、裁判所、検察庁、弁護士会の三者会議によって、10月1日を「法の日」と定めることの提唱が決議され、翌1960年6月24日の閣議了解で、「国民主権のもとに、国をあげて法を尊重し、法によって基本的権利を擁護し、法によって社会秩序を確立する精神を高揚するため「法の日」を創設する」と定められました。

その際、「法の日」は毎年10月1日とし、この日を中心として、法を尊重する思想の普及、法令の周知徹底等これに相応しい行事を実情に即して実施することも定められました。



平成26年度 法の日週間記念行事

11月1日(土)
東三河
日時

2014年11月1日(土)

開場13:30
開演14:00

場所

豊橋商工会議所 9階大ホール
愛知県豊橋市花田町字石塚42−1
(駐車場のご利用はご遠慮ください。)

内容
今こそ考えよう!「世界のなかの日本と私」

14:00〜15:00
早わかり!ニュース弁護士解説
15:00〜16:30
講演「揺れ動く内外情勢とこれからの政局」
講師 田崎史朗氏(時事通信社解説委員)

 クリックで拡大します(PDFファイル)

その他

入場無料
先着 500名


※当日は豊橋商工会議所5階において、完全予約制(定員20名)による無料法律相談も開催します。
開催時間・予約方法等の詳細についてはチラシをご覧ください。


11月15日(土)
一宮
日時

平成26年11月15日(土)

場所

尾張一宮駅前ビル(i−ビル)7階 シビックホール
(愛知県一宮市栄3丁目1番2号)(地図はこちら

内容
午前の部 10:00〜12:00
弁護士による無料法律相談(お1人様30分)
※住居所による制限等はありません。
※当日、先着順で定員(32名)に達するまで受け付けます。
午後の部 13:00〜16:00
(第1部)(13:30〜15:00)
無料映画上映会「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」
(第2部)(15:15〜16:00)
パネルディスカッション「冤罪について」
パネラー 
 天野鎮雄さん(俳優)
 齊藤潤一さん(東海テレビ ディレクター、上記映画監督)
 鈴木泉(弁護士、愛知県弁護士会一宮支部)
コーディネーター 
 佐々木啓太(弁護士、愛知県弁護士会一宮支部)
 中島万里(同上)

 クリックで拡大します(PDFファイル)

問い合わせ先

愛知県弁護士会一宮支部(電話 0586‐72‐8199)


11月29日(土)
西三河
日時

平成26年11月29日(土)

午後1時 開場
午後1時30分〜午後4時30分

場所

愛知県岡崎市
岡崎商工会議所 大ホール

内容
「いったい何なんだ!雨宮処凛と今を考える」

(第1部)
雨宮処凛と考える7の質問
 インタビュアー
  市村陽平(愛知県弁護士会西三河支部 弁護士)
  • 愛国バンドのボーカルから転身し、今は反貧困・脱原発で活動する異色の著作家の雨宮処凛さんと、”今”の日本の諸問題を考えます。

(第2部)
ディスカッション 
  集団的自衛権、格差・貧困、原発、ヘイトスピーチ等、第1部のテーマをピックアップして、壇上の弁護士と雨宮処凛さんとで、討論をしてふかめていきます。

コーディネーター
  杉浦龍至(愛知県弁護士会西三河支部 弁護士)

参加 雨宮処凛
  新海聡弁護士(愛知県弁護士会西三河支部 弁護士)
  續奈弁護士(愛知県弁護士会西三河支部 弁護士)
  市村陽平弁護士(愛知県弁護士会西三河支部 弁護士)
  鈴木典子弁護士(愛知県弁護士会西三河支部 弁護士)

 クリックで拡大します(PDFファイル)

その他

定員250名
入場無料
予約不要