校則に関する私たちの考え

はじめに

 中・高校、公立・私立を問わず、ほとんどどんな学校にも、校則というものがあります。とはいえ、その厳しさは学校によってまちまちですから、これをお読みの皆さんの中にも、校則の自由さが自慢の方や、逆に厳しすぎる校則が悩みの種になっている方それぞれがいることと思います。
この「厳しい校則」として以前よく問題になっていたのが、「丸刈り・おかっぱ」の強制でした。また、免許取得禁止やパーマ・茶髪禁止、制服の強制などは今でもよくある禁止・規制でしょう。そして、これらに違反すると先生に注意されるのはもちろんのこと、ひどいときには停学や退学なんてことになることさえありますよね。
 しかし、こういう校則には絶対従わなくてはならないのでしょうか。
 今日は、この校則について考えてみたいと思います。

どんな校則でも守らなければいけないのか?

1 校則とはもちろん、各学校で定められているルールのことです。その中には、登下校の時刻や時間割のようなスケジュールや、授業態度や普段の心構えのような道徳的なものもありますが、制服とか免許取得の禁止のような自由の制限にあたるものもあります。問題とすべきなのは、この自由を制限するような校則に生徒は従わなければならないのかということです。
「破ったら停学や退学になっちゃうから、従うしかない」と、思う人がいるかもしれませんね。でも、人の自由を制限するためにはちゃんとした理由が必要です。社会科で習ったと思いますが、すべての人には人権が保障されていますから、理由もなく人の考え方や行動を縛り付けることは許されません。そして、それは未成年者に対しても同じなのです。だから、学校も生徒たちを理由なく一方的に縛り付けることは許されないのです。

2 では、学校が校則で生徒の自由を制限することに、正当な理由はあるのでしょうか。
 正当な理由の一つになりうるものとして、法律があります。法律は、国民を代表する議員たちによって作られるものですから、それが憲法に違反するものでない限りその内容は正当と認められるものです。しかし、学校や校長先生が生徒の自由を制限するような校則を定め、これに従わない生徒を処分してもよいということを定めた法律は、実は存在しません。
 また、「国公立学校は生徒を包括的に支配することができ、目的達成に必要な合理的範囲で法律の根拠なく生徒を指示・命令に従わせることができる」とか、「電車を利用するとき乗客は鉄道会社の指示に事実上従わなければならないように、生徒も学校に入学した以上その学校が決定したことに事実上従わなければならない」という主張をする人もいますが、どちらの考え方も生徒の人権を制限するのに十分な理由があるとはいえず、憲法に違反しているといわざるを得ません。
 この点、学者たちの間でもっとも有力な説が、「在学契約説」といわれるものです。この考え方は、「生徒は心身を成長・発達させる権利と学習する権利を保障されているから、学校・先生と生徒との関係は対等であり、校則を制定したり改正したりするときに生徒や親が参加することは当然の権利である」としています。やはり、学校には生徒の自由を一方的に制限する正当な理由はないということなのです。子供を含めたすべての人は個人として尊重されるという憲法の理念からすれば、この考え方がもっとも妥当だといえます。
ですから、皆さんも学校の一方的な校則に従わなければいけないわけではなく、不合理な校則を改正することを学校に求めることができるのです。

不合理な校則とは?

 不合理さや不自由さを感じるポイントは人それぞれでしょうが、ここではよくある制限・禁止事項についてそれが合理的なのかどうか考えてみたいと思います。
1 制服
 服装は自己表現の方法のひとつであり、何を着るかは本来それぞれの個人が自由に決めるべきことです。ですから、学校が「標準服」などという名の制服を勝手に決め、これと異なる服装の生徒に対し授業から締め出したり修学旅行への参加を禁止して、制服の着用を強制することは許されないのです。
 休日外出するときにまで制服の着用を義務付ける学校もあるようですが、学校外の生活にまで学校が口を出す理由は何一つありませんから、当然許されないことです。
2 免許取得の禁止
 自動車やバイクでの通学はもちろん、免許を取得すること自体を禁止している学校は多いと思います。バイクを買わない、乗らない、免許を取らないという「3ない運動」なるものを行っているところが、今でもあるのではないでしょうか。
 この点、駐車場の確保や生徒の安全の問題がありますから、自動車やバイクでの通学は場合によっては禁止されてもやむを得ないでしょう。しかし、免許の取得自体を禁止することは許されないというべきです。法律では、自動車は18歳、バイクは16歳になれば免許を取得することができます。法律上許されていることを校則で禁止できると考えるのは、誰が見てもおかしなことでしょう。まして、免許がなければ学校外でもバイクなどを運転することができないのですから、これもまた学校が生徒の学校外の生活に口を出していることになります。
事故防止を図るなら、学校はむしろ安全運転のための指導を行うべきだといえるでしょう。
3 所持品検査
 「学校に授業と関係のないものを持ってきてはならない」として、所持品検査を行う学校があります。ひどいところだと、違反の品物を没収してしまうことさえあります。
 しかし、人には自分の持ち物を勝手に検査されないという権利があります。たとえ警察官であっても、理由もなく一方的に人の所持品を検査することは許されていないのです。まして、その品物を没収してしまうことなど許されるはずがなく、場合によっては犯罪行為にさえあたりかねません。
 一方的な所持品検査は、拒否してもよいのです。

校則を改正するには?

 では、どうやって校則を改正したらよいのでしょうか。
 校則とはあくまでも「契約」、つまり両者の合意なのですから、納得いかないからといって生徒も自分の意見を一方的に学校に押し付けることはできません。学校も、すべての生徒たちに成長発達させ、学習する権利を与えなければならないのですから、生徒の願いをすべて聞き入れることはできないかもしれないのです。
 ですから、校則を改正するときには、学校側と十分な話し合いをする必要があります。つまり、まず生徒側の意見を理由をつけてはっきりと伝え、これに対する学校の意見を聞いて、じっくりと議論し、学校・生徒双方にとって望ましい校則とはどのようなものであるのかを見極めなければなりません。そのためには、生徒の意見を作るため全体集会を開いたり校則改正委員会のようなものを設立することが必要でしょうし、PTAや先生たちの意見も聞いたほうがよいでしょう。
 ここで気をつけてほしいのは、多数決の名のもとに少数派の生徒を不平等・不利益に扱ってはいけないということです。少数派の生徒にも多数派の生徒と同じように人権が保障されていますから、生徒同士であっても一方的に人権を奪うことはできないのです。最終的に多数決になるのは構いませんが、その前に少数派の意見にもちゃんと耳を傾けましょう。
 また、不合理な校則がまだ改正されていない時点でも、これに違反した生徒に停学などの処分をしないよう、学校側に申し入れておくことも必要です。生徒が不当な人権侵害を受けないよう、学校側に注意を促しておくわけです。
 校則の改正のためには、以上のような手続を踏む必要があります。おそらく、それは大変に時間のかかるものとなってしまうでしょう。しかし、不合理な校則で苦しめられるのは生徒なのですから、生徒が声をあげなければ現状を変えることはできません。まず行動を起こすこと、それが何よりも大切なのです。

おわりに

 校則について、皆さんはどうお考えでしょうか。この文章に対するご感想やご質問、校則への不満や変な校則など、校則に関することなら何でも結構ですので、お気軽にメールして下さい。