就 任 の ご 挨 拶


名古屋弁護士会

会長 小川 宏嗣




 名古屋弁護士会は、名古屋城の南、裁判所の北側に5階建の会館があります。
 私たち6名は、本年4月1日から来年3月31日までの1年間、名古屋弁護士会の役員としてこの会館で執務しています。

 ところで、皆さんは、弁護士は、どこに行けば会えるのか、どんな顔をして、何を話してくれるのか、よくわからないという感想をお持ちではないでしょうか。
 私たちは、このホームページを通じて、皆さんからのアクセスの機会を持ち、弁護士会やそこに所属する弁護士が、皆さんにとって、より身近な存在となり、いつでも、どんなことでも、気軽に相談していただけるようにしたいと思っております。

 名古屋弁護士会は愛知県の弁護士会です。現在、約940名の会員が所属しています。そして、今年の秋にはさらに50名ほど増員し、1000名規模になろうとしています。
 各弁護士は名古屋、一宮支部、半田支部、西三河支部、豊橋支部に所属しております。わたしたちは、市民の皆さんがより利用しやすいようにと各支部に会館を設けるように進めています。岡崎には裁判所のすぐ近くに「西三河支部」会館があります。豊橋では、支部会館が建築中です。半田にも今年度中に会館を設置する方向です。
 さらに、各地において法律相談センターを開設し、皆さんの住んでいる近くで、気軽に法律相談に応じられるように進めています。昨年は豊田にセンターを出しましたし、今年は新城に相談センターの開設を計画しています。これからもいろんな形で、皆さんの身近な存在になれるようにと考えています。

 本年は、いわゆる「司法改革」の論議がおわり、現在12の法案が国会で審議され始めました。法案の成立により、皆さんの身近な問題に関しても、様々な変化がもたらされます。まず、「裁判員」という制度ができます。これからは。皆さんは裁かれるだけではなく、裁く立場にも立つことになるのです。他にもいくつもの新制度が審議されています。どのような制度になるか、新鮮で正確な情報を提供していきたいと思っています。

 これからも、皆さんが、このホームページをご覧になって、役に立ったと思っていただけるような情報をどんどん発信する予定です。このようなことができるのは、実はこのホームページを運用しているのが弁護士だからです。

 皆さん、どうぞこのホームページにご期待下さい。また、ご意見がありましたらお寄せ下さい。そして、少しでもお役立て下さい。

 就任して平成16年4月1日

      副会長 

橋本 修三

水谷 博之

石井  三一

井口 浩治

家田 安啓